世界ぷらぷらロゴトップ

旅で使ったお金

どういった形でまとめるのが良いか、正直まだ分かっていない。記録として自分たちにとっても見やすいものにしたいので、これから形が変わっていくことになるはずだ。ちなみに出費は全て2人分なので、1人で旅行する場合には部屋代以外は半分になることが多いはず。
途中から1人分になっているので、合計金額は参考になりません。詳細(又は、参考金額)を参照下さい。

(旅での節約について) ・・・私見。
旅で節約することは重要なことだ。ただし、旅を続けていて、考え方も変わってきている。

・物価の高い国では節約をしなくてはならない。それは、義務ではなく必要条件である。節約しないとお金はすぐに底をついてしまうだろう。

・物価の安い国ではどうだろうか。無理をしてまで節約をして、本当にお金が「節約」できているのだろうか。インドな どのような国で、頑張って節約しても、ヨーロッパなどではジュースすら買えない。無理をして節約するよりも、その安さゆえにできる贅沢を楽しむ「プチ贅沢」も良いのではないか。そういう楽しみもあるのではないかと感じる。もちろん、それは「節約」をしたいならしてもいいと思うし、単に「無理はする必要が無いかも」という感想である。だって、そういう国以外に「息を抜く場所」はないんだもの・・・(笑)。

・その、どちらでもないような国、それらでは節約するのが良いと思う。

なぜこんなことを書くのか??
それは、アジア横断後にヨーロッパを回った多くの旅行者が、インドなどでの節約の無意味さを実感し、語るからだ。もちろん全ての旅行者ではないが、節約の無意味さを後になって感じる者も多いのだ。
後悔はしていないが、そう感じることもある。そういった感想があることも、これから物価の安い国に行く人に知ってもらいたいと思った。

項目名 金額
X.旅の準備 \621,398
a.2004年旅行代 (11〜12月) \198,687
b.2005年旅行代 (01〜12月) \1,612,524
c.2006年旅行代 (01〜12月) \1,532,131
d.2007年旅行代 (01〜12月) \1,939,953
e.2008年旅行代 (01〜8月) \1,140,584
A.旅行代合計(a+b+c+d+e) \6,423,879
B.スキューバ・ダイビング、南極、遊び(※1) \1,062,636
Y.旅行保険 \300,000
Z.紛失品、故障品の再購入 \400,000
総計(A+B+X+Y+Z) \8,807,913
参考金額  2人分換算(※1除く) \11,651,114
参考金額  1人分換算(※1除く) \6,848,720

※出費内容の詳細はこちら。


※旅行代=宿代、食費、酒・・・

 
(参考 1日当たりの滞在費 高い順)
地域別傾向のみ確認可能。国土が小さい国の場合や、滞在日数の少ない国は移動費が過多になったりする関係から、極端に高くなることがある。

国名 (2人分) (1人分) 泊数 特別要因

キューバ

23,531円 14,118円 2 短期間
高級ホテル
デンマーク 19,847円 11,908円 3 短期間
南アフリカ 19,765円 11,859円 5 ツアー

ベリーズ

18,970円 11,381円 1 短期間
VISA高い
ルクセンブルグ 17,862円 11,717円 1 短期間
アンドラ 15,660円 9,396円 1 短期間
オーストリア 13,773円 9,264円 5 移動過多
スウェーデン 14,753円 8,852円 3 短期間
イタリア 14,288円 8,573円 6
スペイン 13,520円 8,112円 6 移動過多
ギリシャ 13,269円 7,961円 2 短期間
ヨルダン 12,848円 7,709円 3 短期間
遺跡高価
酒過多
南アフリカ 12,683円 7,609円 8 贅沢個室生活
ノルウェー 12,213円 7,328円 3 短期間
アルバニア 11,428円 6,857円 1 短期間
スロヴェニア 11,200円 6,720円 1 短期間
フィンランド 10,945円 6,567円 12
ベルギー 10,374円 6,225円 2 短期間
スイス 9,917円 5,950円 2 短期間
オランダ 9,643円 5,786円 4 短期間
ロシア 9,535円 5,721円 7
モンテネグロ 9,420円 5,652円 1 短期間
ドイツ 9,228円 5,537円 10 キャンプ
オーストラリア 8,691円 5,214円 59
ボスニア 8,644円 5,186円 2 短期間
ブラジル 8,495円 5,097円 69
スワジランド 8,176円 4,905円 1
ポルトガル 7,387円 4,432円 12 移動過多

アメリカ

6,979円 4,188円 4 移動なし

パナマ

6,866円 4,120円 1 短期間
モザンビーク 6,654円 3,992円 3 移動過多
ジンバブエ(※2) 6,589円 3,953円 6

移動過多

チェコ 6,587円 3,952円 4 短期間
クロアチア 6,530円 3,918円 3 短期間
ポーランド 6,452円 3,871円 5 短期間

ジャマイカ

6,347円 3,808円 4 短期間
ザンビア 6,315円 3,789円 5 ビザ代*2
スロヴァキア 6,240円 3,744円 4 移動過多
エストニア 6,000円 3,600円 3 短期間
イスラエル 5,765円 3,459円 4 短期間
ラトヴィア 5,700円 3,420円 2 短期間
ルーマニア 5,575円 3,345円 8 移動過多
レバノン 5,567円 3,339円 3 短期間
ウガンダ 5,533円 3,320円 8 グルメ滞在
ビザ高価
セルビア

5,433円

3,260円 3
パラグアイ 5,419円 3,251円 10 日本食三昧
アルゼンチン 5,401円 3,240円 62 ぷち贅沢
ウルグアイ 同上 同上 1
ブルネイ 5,306円 3,183円 2 短期間
エジプト(※1) 5,287円 3,172円 45 プチ豪華生活

グアテマラ

5,272円 3,163円 6 短期間
タンザニア 5,230円 3,138円 20 中華・日本食
三昧&
ザンジバル高価

コスタリカ

5,069円 3,042円 2 短期間
ペルー 5,021円 3,013円 13 マチュピチュ高

メキシコ

5,013円 3,008円 4
ベネズエラ 5,010円 3,006円 8
香港 4,952円 2,971円 5 グルメ滞在
チリ 5,022円 2,862円 20
コロンビア 4,532円 2,719円 3
リトアニア 4,475円 2,685円 4 短期間
ケニア 4,268円 2,561円 22 ビザ代複数回
ブルガリア 4,231円 2,539円 34
イエメン 4,055円 2,433円 15 ツアー参加
トルコ 4,049円 2,429円 105
ハンガリー 3.988円 2,393円 11
マダガスカル 3,956円 2,374円 14
モロッコ 3,902円 2,341円 29
フランス 3,777円 2,266円 17 ホームステイ
シリア 3,773円 2,264円 6 ビザ代が高い
移動過多
マラウィ 3,729円 2,237円 4 短期間
中国 3,690円 2,214円 82 チベット高額
シンガポール 3,552円 2,131円 3 短期間
ホームステイ
カンボジア 3,366円 2,019円 10 節約なし
マレーシア 3,334円 2,000円 48

エル・サルバドル

3,117円 1,870円 1 食材持参
タイ 2,997円 1,798円 138
エチオピア 2,957円 1,774円 7 酒飲み過ぎ
インドネシア 2,944円 1,766円 59
レソト 2,918円 1,751円 1 食材持参
イラン 2,905円 1,743円 20 ビザ代が高い
ボリビア 2,902円 1,741円 35 日本食三昧
マケドニア 2,861円 1,716円 3 短期間
ベトナム 2,739円 1,643円 22
ラオス 2,644円 1,586円 13
ネパール 2,507円 1,504円 13 日本食三昧
インド 2,038円 1,222円 67
パキスタン 1,663円 997円 6
ボツワナ 958円 575円 0.5

宿泊なし

※1:エジプトは、節約旅行をすれば、1日1,500未満で普通に楽しめる。インドやネパールと同じ。
※2:ジンバブエは、節約旅行をすれば、1日1,500未満で普通に楽しめる(のんびりすれば)。

※滞在費には航空券代とダイビング代を含まない。ビザ代は含む。
※背景がピンクの項目は参考値。1人分は、2人分の6割として算出。
※アルバニアは、公共交通機関が無い地域もあり出費過多。入国税10ユーロも大きい。
※特別要因:赤文字=通常より1日当たりの出費が多くなっている。青文字=少なくなっている。
※イエメンは、ツアーに参加しなければ、エジプト並みに安い。

※出費内容の詳細はこちら。

up↑



世界一周旅行中に感じた「感覚での」物価!?

出費額という数字には、移動をたくさんしたとか、おいしいものをたくさん食べたとか一律に比較できないことが多い。また、少しくらい高くてもサービスには大きな差があることもある。 そういった点を考慮して「感覚で」安かった国と、高かった国の一覧を考えてみる(アイウエオ順)

安かった国 高かった国
イエメン イギリス
インド スウェーデン
エジプト ノルウェー
エチオピア 日本
シリア フィンランド
ネパール  
パキスタン  
ボリビア  

↓↓↓↓↓これは個人的に、あくまで個人的に・・・。↓↓↓↓↓
質を考えて安かった国 質を考えて高かった国
タイ イタリア
ブルガリア ギリシャ
ボリビア  
  アフリカ全般!!(笑)

※出費内容の詳細はこちら。

up↑

 

旅のためのお金

二人で長期の旅に出ると決めたのは、3年くらい前になる。

タカ:「旅のためのお金を貯めるため」に就職した。3年間働いてから旅に出るつもりだったが踏ん切りがつかず、もう少しもう少しとお金を貯めている頃だった。

マユ:「バリ島に長く滞在したい」と漠然とした夢を持っていた。タカといろいろ話すうちに、長期の旅を現実の夢として考えるようになった頃だった。

細かいことは考えずに1年当たり予算を概算で、75万円/1人(150万円/2人※)と想定した。100万円弱/1人で旅行した過去の経験からだ。その後に旅が近づいてからインターネットなどを見て、それくらいで行けるだろうと裏付けを得ることができた。
旅の期間は未定だが、3年以上は旅ができるくらいに余裕を持ちたい。また、帰国後にお金がない状態にはなりたくないし、現地で仕事を始めたくなるかもしれない。そんなことも考えて、二人それぞれに目標貯蓄金額を定めてお金を節約した。ただ、野外パーティやクラブ、海外旅行には行きたいので、お弁当を作ったりと遊び以外のところで節約した。

※先進国に長く滞在する場合は、さらにお金がかかることは覚悟(予定)してます。

up↑

 

旅に出る前に使ったお金

旅を考えていると、旅のために必要なものを購入したくなる。
まだ期間があると思いつつも、早めに購入してしまったものがほとんどだ。

ところで、パソコンは別にしてもお金がかかっている気がする。これくらいは普通なのかもしれないけれど、バックパッカーは贅沢な遊びだと実感。お金など考えなくても、時間を贅沢に使うのが一番の贅沢なのだろうけど(笑)。

date
name
name
price
03/12/30
taka
パソコン(パナソニック新品)
204,225
04/2/12
mayu
パソコン(東芝中古)
70,000
2/12
 
パソコンカバー
1,600
5/2
 
デイバック 2個
2,000
5/4
mayu
 バックパック
11,550
5/4
taka
 バックパック
12,810
5/4
 
バックパックカバー 2個
1,680
5/8
taka
 鍵 2個
2,200
5/8
taka
 貴重品袋 2袋
2,900
5/8
mayu
 貴重品袋
1,890
5/16
mayu
 鍵・化粧品関係
1,775
5/25
 
モデムセーバーテルマキ君
1,210
5/27
mayu
 寝袋
9,765
5/29
 
エンカルタ(PCソフト)
7,770
5/30
 
デジカメ(東芝展示品)
29,800
6/9
 
ゴーコン
2,499
6/9
 
高電圧アダプタ 2個
4,788
6/9
mayu
 MP3ウォークマン
1,980
6/9
 
充電式電池
1,447
6/9
 
デジカメ用SDカード
3,969
8/24
mayu
免許証更新申請
2,950
9/16
 
航空券(NRT-BKK),TAX
96,440
10/17
  
 FDD
4,200
11/7
 
充電式電池・豆電球
2,000
12/3
mayu
国外免許申請
3,450
 
  
予防接種 total
136,500
合計
621,398

up↑

旅に持っていくお金

盗難や紛失を考えると、どのようにお金を持参するかは非常に重要だ。過去の旅行では特にそういった経験はないが、金額も大きいため慎重にならざるをえない。
また、現地通貨に両替できないと困るため、どこでも両替が可能な組み合わせで持っていきたい。

※「旅の両替(ATM,TC,NOTE)」はこちら
持参方法 種類 有無 備考
現金
cash
円キャッシュ 東南アジアでは円建で十分(落とさなければ)
→東南アジアでほぼ消費し、残額も中国で消費
ドルキャッシュ いざという時のために小額を準備
→減少分を、カンボジアで補充
→イランに向けてインドで補充
ユーロキャッシュ × 必要か検討中
→欧州で入手予定
トラベラーズチェック
traveler's check
円建 × CITIBANKが扱っていればと考えていたが、なかったので
→全く不要か
ドル建 カードが使えない時のために必須(AMEX,CITIBANK)
→今のところ、どちらも便利
ユーロ建 × 何件か訪れた銀行で扱っていなかったので
→今のところ不要
クレジットカード VISA タカとマユ、それぞれに1枚ずつ
→時々お世話になっている
MASTER VISAが使えないと困るので、念のためにタカが1枚用意(※)
→時々お世話になっている
国際キャッシュカード CITICARD

以前から使用している銀行のカード
タカとマユで1枚ずつ
→大活躍中!


※CITICARDは、PLUS(VISA系)なのでMASTERを準備しました。

 (旅の経験からのの有用度)
 クレジットカード>国際キャッシュカード>現金>TC
持参方法 備考
現金
cash
利点 とにかく両替にはもっとも便利。予備としてある程度は持っておく必要がある。
欠点 盗難の際に何の保障も期待できない。
トラベラーズ
チェック
traveler's check
利点 東南アジアなど一部地域ではとても便利。盗難の際に再発行が可能。
欠点 両替できる場所が少ない。両替手数料が高い地域が多い。
クレジットカード 利点 とにかく世界中で有用度が高い(ATM)。盗難の際には停止が可能。保険もあり。
欠点 為替レートが悪いことが多い。
国際
キャッシュカード
利点 世界中で有用度が高い。引き落とし手数料が無料なことも。
欠点 口座の現金を盗まれる可能性あり(スキミング)。為替レートが悪いことが多い。

 (では、どうやって持参すべきか)

準備方法 備考
現金
cash
旅前 1ヶ月ほどの滞在費を用意。まず円の有用度が高い国(東南アジア)を最初に訪れるなら円を多めに持参。
※旅前に外貨に両替するということは、為替のリスクを負うことになる(益となる場合もある)。
旅中 現金が必要な国を訪れる数カ国前から現金を追加入手する。USD現金などは、手数料はかかるものの入手できる国は多い。
※旅前に準備した金額以外で必要な滞在費分を別途準備する。
トラベラーズ
チェック
traveler's check
旅前 1〜2ヶ月ほどの滞在費を用意。TCは居住国以外で作れないことが多い。まず東南アジアなどTC有用度が高い場所に訪れるなら多めに持参。
※旅前に外貨に両替するということは、為替のリスクを負うことになる(益となる場合もある)。
旅中 基本的には使わない。万が一のために備えて。
クレジットカード 旅前 VISA、MASTERの2枚を準備。世界95%以上をカバーできる。
※その都度の両替なので、リスクは分散できる。徐々に円安になるようなケースでは損。
旅中 落とさないように。磁気を壊さないように気をつけて管理。
口座の引き落としを常に把握。
国際
キャッシュカード
旅前 なくてもOKだが念のために。
※その都度の両替なので、リスクは分散できる。徐々に円安になるようなケースでは損。
旅中 落とさないように。磁気を壊さないように気をつけて管理。
残高は常に把握。


up↑