世界ぷらぷらロゴトップ

フランス ・・・・・・・ ■パリ ■ニース(南欧)

パリ

私はこの時レストラン商売に燃えていた。某レストラン会社の正社員になり、お台場の新装オープンという忙しいという言葉以外見つからないようなお店やちょっと洒落た渋谷のカフェで働いた。
そして、忙しさと2ヶ月弱間隔のお店チェンジに耐え切れなくなり辞め、思ったコトは「私が目指すのはフレンチなのか?アジアンなのか?」といつものごとく訳の分からない問いだった。
今、思えば結局旅をしたかったんじゃないかと思うけど、バリ島〜成田〜パリ〜ニースの旅を計画した。友達には「パリとバリに行くんだ〜」と驚かせるのが楽しかった。

パリは歴史残る美しい街だったけど何となく思い出が薄い。特別冷たくされたとか、英語が通じなすぎるとかそういうのはなかったけど、ただ散歩をして帰ってきた、そんな感じ。ルーブル美術館やオペラ座などの有名どころはとりあえず行った。建物の大きさからして凄くて綺麗だった。絵の知識もないけどそれなりに楽しめた。よく東京で何年かに一度とか○○展とかやっているけど、それの集大成だからさすがに凄い。
で、レストランだがパリのシャンゼリア通りとかその周辺を探検したけど、なぜかとても静かだった。オープンカフェもお洒落なレストランもたくさんあるけど、本場の雰囲気はこんなものなのか、と思った。
ただ、ひとつカフェで食べたチーズケーキが滅茶苦茶おいしかった!すごくチーズが濃くて甘くて、びっくりするくらい美味しかった!

パリ

mayu

up↑
 

ニース(南欧)

夜しか知らなかった私が、ホテルで迎えた朝はとっても気持ち良いものだった。
人それぞれ賛否両論があるみたいだけど、私にとってニースは温暖で穏やかで静かで綺麗で良い所だった。ビーチは人工的な雰囲気はあるけど、街の道に沿って海岸がずっと続いていて、街と海が合体されたのどかな雰囲気を醸し出す。夕日もピンク色でうっとりする。

ニースのビーチ

レストランがパリより充実していた。冬なだけあってオープンカフェは空いていたし寒かったけど、それぞれのお店に大きな野外ストーブがある。日本じゃ寒かったら絶対外でお茶するスペースなんて作らない。ここでは外という気持ち良さだけで寒いのを我慢してお茶をするようだ。
海近くだけあってシーフードレストランが多い。ワインを飲み、ムール貝を食べる。う〜んおいし、、、。

途中、アメリカ人の男性に出会いランチを一緒にした。普通に昼間からワインを頼み、ランチを食べ、タバコを吸う私に「君はまるでフランス人の女性のようだ。お酒もワインもやる。ナイスだ。ははは。」みたいなことを言われた。確かに私にとってはまるで日常茶飯事のことだけど、世界全人口の女性の中でこんなに堂々とやっている人の割合は少ないんだろうな。

この時、ニース・フェスティバルの前で街中で少しずつ準備をしているところだった。私はいつもタイミングが悪い。フェスティバル系には興味があるし、是非いろいろ見てみたい。

ニースから離れてモナコの方へバスで行ったりした。この辺だけには限らないと思うけど、やっぱり深く付き合わなければ深い歴史や人との出会いはないと思う。楽しめたけど、実際観光しただけで終ったのが残念だ。料理も雰囲気も良く、また来たい場所のひとつだが、旅は重ねる度にもっと楽しくなる、そう思う。

mayu

up↑
 
フランス南欧ニース フランス南欧ニース
ニューヨークへ