世界ぷらぷらロゴトップ

アメリカ ・・・・・・・ ■ネバダ〜アリゾナ州ドライブ  ■ハワイ

アリゾナ〜ネバダ州 ドライブ

アメリカ・アリゾナからネバダ州ドライブ地図

■グランド・キャニオン(Grand Canyon)・・・・
アメリカ合衆国南西部、アリゾナ州北西部にあるコロラド川の大峡谷。長さ446km、幅6〜29kmで、深さが1600m以上ある。うつくしい景観で、塔状のビュート、台状のメーサや支谷がみられる。周りの高原部もふくめてグランドキャニオン国立公園として保護されている。

ラスベガスで借りたレンタカーでドライブ!!

ラスベガスからグランドギャニオンへ。直線距離で150km、実際は4時間程度のドライブだろうか。
ラスベガスは街で人で溢れているけど、道が広いので運転も割と平気だった。最初は左ハンドル、右側走行に慣れなかったり、右にウインカーを出そうとしてワイパーを出してしまってたりドジったりしてたけど・・・。

昔、あるテレビ番組で女の人ふたりがアメリカの大地をドライブする番組を見た。それ以来ずっと夢見てたのがやっと叶った(笑)。な〜んにもない綺麗な大地をな〜んてことない会話をしながらドライブする。なんて優雅なんでしょう!

グランドギャニオンには夕方前には到着した。車は途中までしか入れないので、専用バスで回った。壮大かつ、妙にきれいに並んでいるその姿には圧倒された。落ちたらもちろん即死だ。さすが、広いアメリカ。バスで回れど回れど風景はさほど変わらない。とにかく広い。夕方になると、夕日に映えて一層きれいに見える。回るのをやめて、友達と並んで座っていると、心地よ〜い気分になった。

グランドキャニオン写真

旅のミニコラム

++ホテル++
グランドキャニオンのゲート近くに位置するホテル「Red Feather Lodge」に泊まった。
疲れて使ってないけどジム施設もあった。
グランドキャニオン付近なら結構ホテルがあるので探すのは楽かもしれない。もし次回来る時は次はキャンプにチャレンジしたい!

---------------------------------------------
■デスバレ(Death Valley)・・・・
アメリカ合衆国カリフォルニア州南東部にある乾燥した砂漠地域。死の谷ともいう。
幅は6〜26km、長さは約230kmの谷。1933年国立記念物に指定。

デスバレーの写真

水深85mあった海が太陽熱で水分が蒸発して出来てしまったという谷。 海抜は西半球で最も低いらしい。ビューポイントはどれを見てもおもしろい。 静かで、まるで火星にでも来てしまったような気分。公園内を車で走ることが出来る。公園だけどここ全部がデスバレー?と疑うほどの広さ。広いのに人にほとんど会わなく、オフシーズンで平日というのもあるだろうけど2,3組としか会わなかった。

ポイントをいくつか紹介。

・サンドデューン 真っ白な砂丘がつづく。砂吹雪にあうと大変らしいが、弱い風程度ですんだ。
・バッドウォーター 一番のお気に入り!最も海抜が低い場所。塩が固まって岩に付着したまま。まるで雪が降ったかのように見える。下記写真参考。
・アーティストパレット 上記写真参考。変化に富む渓谷。
名前のとおり、まるで塗ったような色合いが見れる。
・ダンテス・ビュー 山の頂にある展望台。デスバレー全体を見渡せる。

---------------
デスバレーって知ってる人は知っているのだろうか。アメリカは広い、国立公園はたくさんある。たった2ヵ所を回っただけだけど、私にとってデスバレーはとても楽しめた。まず、変に観光地化されていないこと、いつ何が起きてもおかしくないけど、基本的に平和な空気がずっと流れていること。また機会があれば行きたいと思う。

バッドウォーター

余談になってしまうけど、ドライブ中に友達2人と○○を催した。大自然のど真ん中。もちろんトイレなんてなかったので私はこの時人生初(?)の野外放出をした。(・・・女の子なのにスミマセン。) もう本当に大自然を前に後ろにしてしたのですご〜く気持ち良かったのは恥でもないと思ってしまう。(綺麗な自然を壊して申し訳ありません。)

旅のミニコラム

++ホテル++
デスバレーの公園内にあるリゾート系ホテル
「Furnace Creak Ranch」プールやゴルフ場まで設備されているらしいが、実際は大きな庭でご飯食べたくらいで終った。敷地内にはキャンプ場もあった。
デスバレー内にあるから便利だし、景色も見れて◎

最後にアメリカの広大な大地をご覧下さい。

アメリカ写真 アメリカ写真サボテンたくさん

mayu

up↑

ハワイ

最後の旅はハワイ。もう一人の友達と待ち合わて計3人の旅行となった。

ハワイのビーチはやっぱり綺麗。初めてスキューバもチャレンジした。最初はちょっと怖かったけど、入ってしまうとカラフルな魚や海の深い青さに圧倒されて感動した!残念な事にちょっと曇っていたから水が透明でなかったから途中、よく見えなくなってしまった。ちなみにこちらもホテル→を紹介してくれたおじ様の紹介で安くしてもらえた(笑)。日本人のダイバーだったのだ。

夜はクラブへ繰り出してみた。ニューヨークみたいな雰囲気はまるでなく、人種多様で観光客が集まるだけのお店だった。2件ほど行ったけど、イマイチだった。
それより、一番最後の夜に見た花火が綺麗だった!ちょうどその日は独立記念日だったのだ。私のアメリカの旅最後の日でもあったので、何故だかちょっとおセンチになって涙を1粒。

ハワイのビーチ

mayu

up↑

旅のミニコラム ホテル

++ホテル++
アストン・ホテルズ&リゾート系列のブティック・ホテル「Waikiki JOY Hotel」さいこうだった。私の知人でハワイ好きなおじさんがいて紹介してもらった。安くしてもらえたし場所も便利。
部屋も普通の2倍くらいの広さがあって、ベットはダブルとセミダブルと2人用だけど余裕で3人で寝れた。全室にジャグジー付き。