世界ぷらぷらロゴトップ


Nicaragua ニカラグア

 2008.07.11 〜 07.11 マナグア


ニカラグア関係リンク

ニカラグアの移動
ニカラグアの写真

 
  【ニカラグアでは・・・】 首都マナグアでお散歩しただけ。あとは車窓から眺めていた。
【感じること】 治安の悪さで評判。平和な国になってくれれば、自然もきれいだし良さそう。
【お気に入り】 特になし。
【お勧めは〜】 特になし。
 
ガードマンが銃を持って。(マナグア)

深夜発のバスに乗り込み、早朝にニカラグア国境に到着した。

さすがに、国境に危ない雰囲気はない。
もちろん評判の治安の悪さは首都をメインにした話だろう。
簡単に手続きは終わり、特にどうということのないジャングルの中をひたすら走る。

乗客の乗降があるニカラグアの首都マナグアに到着した。

周辺には特に危ないという雰囲気はない。King Quality社のバス・ターミナル前には大きなショッピングモールまである。

「どうなんだろうね??」
「散歩してみたいね。」
「あの、広告のマクドナルドさ、セットでいくらくらいなんだろうね。」
「あっちの、チキンセットの広告、あれもファーストフードだよね。」
「同じような値段だったら安いね〜。」

銃をホルスターに下げたガードマンがずっと外を見ている。
ニカラグアのガードマンは、例外なく拳銃を持っている。それだけ危ないということだろう。あちこちにガードマンがいて、それで治安の安定には貢献しているのだろう。
中米では他の国でもガードマンが拳銃を持っていたりする。それって、世界標準なのだろうか。それとも、中米や南米はアメリカの裏庭とも呼ばれるようにアメリカナイズされすぎているのだろうか。

ガードマンに聞いてみる。
「あそこのショッピング・モールに行ったら危ない??」
「もう時間がないですよ。」
(あ〜、早く行っておけばよかった。)

後悔先に立たず。

なのだ・・・。

up↑

ミニコラム

++ホテル予約++

割引価格
ニカラグアのホテル予約ならこちら!!



 

 

●もう郊外なの?(マナグア)

バス・ターミナルから少し走る。
「お〜、すごい!!」
キーボーとエミさんがワイワイ話しているので、そちら側の窓を覗き込む。私は右側、キーボーとエミさんは左側に座っていたので、見ている景色が違っていたのだ。

公園にスラム街ができている。
ビニールやダンボール、板などを使っているのは、他の国と同じ。

公園の周囲はちょっと危ない雰囲気も漂っている。ただ、スラムと言ってもそれほど大きくはない。他にもこういったスラムがあちこちあるのだろう。

実際のところ危険度はどうなのだろう??

南米に行く前には「南米は危ない」とよく聞いていた。
が、実際に行ってみると、気をつけてさえいれば危険を感じることはなかった。
中米についても、南米では「凄く危ない」とよく聞いた。あまりに短期の滞在だったのでなんとも言えないけれど、肌で感じるような危険はなかったと思う。

それに比べると、アフリカの首都の方が危険を感じるのだけれど・・・。
両方に行っている旅行者はどう思っているのだろう??
外務省の危険情報は、バンコクとヨハネスブルグが一緒の危険レベルなわけだし、危険の有無については良いとしてもレベルは信用できないから。

そのまま窓を眺めていると、10分ほどでもう郊外に出てしまった。
建物も点在する一軒屋くらいになってしまう。牧畜や農業の姿ばかりが目に入ってくる。
「ねえねえ、もう畑ばっかりだよ。」
「うん。ニカラグアは相当に田舎だね〜。」
「中米はジャングルばっかりっぽいし、そんな感じなのかな。」

そのままバスは進み、あっという間に人家すら少ない地域に入ってしまった。
こういう国では、どうやって開発や政治が進められているのだろう。そんなとりとめもないことを考えているうちに、また眠りに落ちてしまった。

up↑

前へ  次へ