世界ぷらぷらロゴトップ

急いで南下!!北欧を脱出したい。(ナルヴィーク-ストックホルム)

オーロラを見られたので、もう北欧には用はない!!(笑)

さて、どうやって南下するか。
これから行きたい場所は、オランダのアムステルダム。
飛行機で飛んでしまいたい気もするが、デンマークを通り過ぎるのももったいない。しかも、飛行機はストックホルム(スウェーデン)かオスロ(ノルウェー)を経由する便しかない。

そうなると値段も高くなってしまう。どうせなら陸路でストックホルムとコペンハーゲン(デンマーク)を観光していこう!!なのだ。

北欧は交通費もとても高いので、陸路移動でもとても高い。

まぁ、いくつかの町を観光するのだから仕方がないだろう。
もっと時間に余裕があって、各地方を見ながら南下して行ければ1番良い。
けれど、もうヨーロッパを早く抜けて、旅を先に進めたいという気持ちも強くなってきている。そうなると「とにかく経由地である首都だけを覗いて行こう」と妥協せざるを得ない。

駅に行って翌日のチケットを買おうとするが、電車は意外と混んでいるようだ。
1日に2便しかない列車のうち、安い午前中の1本はすでに満席だという。ナルヴィークに延泊すれば、さらに出費が増えることは確実なので少し高いが午後の便で行くことにする。
電車は割りと空いていて3列シートに横になって行くことができた。
ただし、身長には足りず、足を伸ばすことはできない。不自然な体制で横になっていたので、翌日以降に首が痛くなってしまった。
オーロラを見るために夜型になっていたこともあって、とても熟睡には程遠い夜なのだった。

しかもスウェーデンは最初に来たときから印象が良くなかったが、今回も早速列車内で若い女の子に「中国人を馬鹿にする言葉でからかわれたり」と印象が悪い。
フィンランドなどでは、そういうことはまったくなかった。偶然にスウェーデンで良くないことが重なっているのだとも思うのだが、どうも気分はすっきりしない。

車内では物を投げて遊び、私の座席にまでいろいろなものが飛んでくる。
酒を飲んで大騒ぎする集団も、他のヨーロッパ諸国と同様にたくさんいる。

電車に乗ったことを少し後悔してしまう夜だった。

●良い町だと思うけれど面白みを感じない。(ストックホルム)

昼にストックホルムに到着し、まずはデンマークの首都コペンハーゲンへの移動手段を確認する。

運悪く土曜日のみは、夜行の鈍行は走らないとのこと。

更に更に・・・!!
2等列車はすでに満席で、チケットを買うことはできない。
1等列車は1300SEK(約20,000円)ほどもして、飛行機で飛んだほうが良いという値段。
こんなに高いのかと驚きながらバスターミナルに向かい、値段を聞く。

おぉ〜ありがたい!!
2等列車の半額以下の値段(約450SEK)でコペンハーゲンに行ける。早速チケットを購入して市内観光に向かう。
もしバスチケットが買えなければ、ストックホルムで1泊しなくてはならなかったかもしれない。本当に安心した。

町並みはとてもきれいだが、どうも雰囲気がない。

旧市街を散策し、貴族の館や教会を見る。
広場や王宮も覗きつつも、1番気になったのは、狭い通り。
わずか1mもない幅の階段と通路は、町並みよりも面白い。

町の散策はすぐに飽きてしまい、楽しめたエルミタージュ美術館を思い出し、国立美術館に向かうことにした。

up↑

 

●美術館で絵を描きたいと思った。(ストックホルム)

デザインコーナーは面白くもなかった。
気になったものといえば、東芝のノートパソコンくらい。97年のパソコンだったがデザインが先進的で、今に通じるものがあった。

西洋絵画コーナーは見ごたえがあった。
目玉であるレンブラントの作品やゴーギャンなど、私の知らない画家でも素敵な絵があって、のんびりと見入ってしまう。

(久しぶりに絵でも描きたいなぁ〜。)
単純にも、そんな風に思ってしまう。

エルミタージュの時には絵を描きたいとは思わなかったので、ここでの方が絵画を「より身近に」感じられたのだろうか。

雨が降り出したこともあり、椅子に座り込んでのんびり時間を過ごしたのだった。

●図書館。北欧で初めて断られ。(ストックホルム)

「入管カードがない人は駄目です!!」
北欧で初。
すげなく断られてしまった。
フィンランドやノルウェーの図書館が親切だっただけに、スウェーデンの不親切さ(厳格さ?)が際立つ。

その後、入ることはできたがインターネットなどは使えなかった。
去る直前まで、スウェーデンは印象が悪いのだった・・・。

ところで、ここで気がついた。
最近、何かが醤油臭いと思っていたのだが、バッグが臭かった。ロヴァニエミのバスターミナルに向かう際に、バッグの中にしまっていた醤油のふたが取れていた。こぼれていないと、ちょっと見て気軽に安心してしまっていたのだが、本当は随分とこぼれてしまっていたようだ。
バッグの底に大きなしみができている。パソコンやその他の電気製品は、ビニール袋の中に入っていて被害がなかった。だから、その後も気がつかなかったのだ。

醤油臭いって、私はいいけれど、欧米人をはじめとして、アジア人以外にはかなりキツイ臭いかもしれない。そういう臭いで嫌がられるのも嫌だなぁ・・・(笑)。

up↑

前へ  次へ